弁護士への相談が得策

離婚において子どもの親権問題は複雑です。弁護士に相談することで、このような子どもの親権に対する複雑な問題について、最適な方法で短期解決を図ってもらうことができて、お互いにとってもできるだけ納得がいく形での解決につながりやすくなります。そのため、離婚については弁護士へ相談することが得策です。

参照「離婚の親権相談|小原法律特許事務所

子どもの監護権も親権と同様に扱われますが。親権と切り離して与えられる権利で、子どもの監護や教育に関する権利のことをいいます。親権問題で両親が親権の取得を主張している場合には、親権と監護権を切り離して考えることができます。監護権が取得できれば、戸籍上の名前の記載はありませんが、子どもを引き取っていっしょに生活することができます。子どもが15歳になるまでは、母親が引き取るケースが多いといえます。

しかし父親がどうしても親権を主張していたり、母親が子どもと一緒の生活したいということを主張している場合に限って、親権から監護権を引き離して、それぞれの親の言い分に対処するという方法も選択される場合もあります。そのため、弁護士に相談すると最適な方法で短期解決を図ってもらうことができて、子どもの親権に対する複雑な問題の解決をサポートしてもらえます。