自己解決は可能?

親権問題は泥沼化する危険性が非常に高いといわれています。絶対に譲れないという双方の強い気持ちがぶつかり合い、親権問題は泥沼化していく場合もあり、子どものためにも早期解決が望まれます。夫婦の関係は破綻しても、子どもとの関係は一生続いていきます。切っても切り離せない親子の関係であるからこそ、子どもとは絶対に離れたくないと思うのは、どの親も同じであるということなのです。

親権や監護権は、子どもに関して親が持つ権利と義務のことで、親権を取得した場合には、子どもの生活や教育、財産などに関する権利や義務を担い、法定代理人にもなることが可能になり、戸籍上、親権者はその旨が記載されます。監護権は戸籍上の記載はありません。

子どもを大切なかけがえのない存在と思う気持ちは、父親も母親も同じくらい大きいのです。だからこそ話し合いに決着がつけられず、長期化する場合も多くあるのです。親権についての争いは、弁護士などの存在によって早期解決が図られる場合が多く、離婚については合意しているものの、子どもの親権については解決ができていないために離婚の手続きを進めないという場合は、弁護士のサポートの元自己解決をはかることが奨励されます。