離婚の親権問題

離婚に際して発生するさまざまな課題のなかでも、子どもに関係する決定は重要です。二人の間に生まれた子供がまだ成人していなければ、子どもの親権や監護権についての話し合いをして、どちらが子供を育てていくのかを決めなければなりません。話し合いはスムーズに進むこともありますが、親権については当事者間だけでは決着がつかないケースも多々あります。協議が進まず、解決が難しい場合は調停の申し立てが必要です。さらに、調停においても話し合いがまとまらない場合は、最終的に家庭裁判所で判断を仰ぐことになります。

そのため、親権を巡る問題など、離婚時の問題には法律の専門家である弁護士に相談することで、双方だけで解決するのは困難なケースでも、早期解決を図ってもらうことができます。離婚については、子どもの親権以外にも、養育費や財産分与なども具体的に協議を進めておく必要もあります。親権で膠着状態になると、その先に話を進めていくのは一層困難になっていきます。

そのため、離婚については子どもの親権問題も含め、弁護士へ相談する方が得策です。監護権と親権を切り離して考える場合など、養育費の未払い問題などを避けるように話を進めてもらうこともできます。離婚を考えている場合や子どもの親権などで決着がつかないという場合には、早めに弁護士に相談することで、複雑な問題を早期解決してもらえるように合理的に話し合いを進めてもらうことができます。